水子供養 札幌

水子供養の意義とは

死産や流産、中絶によってお亡くなりになった仏様の供養のこと、なかなか人には相談しにくいと思います。しかし、そのままにして心残りのまま暮らしていくのもつらいものです。

 

「供養」という形で向き合うという方法があります。

 

お寺によっては水子供養という形で水子の仏様をご供養してくれるところがあり、永代供養を選べば継続して永く供養していくことができます。

 

水子供養の内容

 

通常の葬儀と異なり、水子供養の場合は葬儀などを行うことはまれで、基本的には僧侶が読経を行なったり、戒名を授けたりしてご供養を行います。

 

また、個別にお墓を建てるということもなく、塔婆や祠堂にて供養するのが一般的です。

 

そのため一般的な葬儀のような多額の費用はかかりません。読経だけなら1万円程度、永代供養を含めて3~10万円程度が相場となります。

 

仏様のご供養のために個別にお地蔵様などを奉納される場合、さらに20万円程度かかる場合があるようです。

 

もし格安の葬儀社を探しているなら、↓のサイトが便利です。
格安葬儀

 

お金をかけたほうがいいのか

 

かけた金額によって供養ができるかどうか決まる、というものはありません。供養は結局のところ仏様を思うこと、そして親御さんの気持ちの整理を付けることが重要なので、金額の大小は無関係です。

 

ただ、仏教には僧侶にお布施をすることがよいこととされており、徳をつむことが仏様に廻っていくという考え方があります。そのため、親御さんが一人で個人的に供養を行っても、仏教においては「お布施をする(他の物に施しをする)」という要素が抜け落ちてしまっています。

 

もちろん仏教を信じないのであれば一人でのご供養もよいとは思いますが、供養とは残された人の気持ちの整理の意味合いもあります。僧侶に供養を委ね、自分自身の区切りをつけるというのも考え方としてはよいのかと思います。

 

水子供養を札幌でするなら

 

札幌にはたくさん寺院があり、水子供養に対応しているところも多くあります。ただ、費用は寺院によってまちまちですし、子供を失った親御さんにつけこんで何十万と言う金額を請求する悪徳僧侶もいます。「しっかり供養しないと成仏できない」などと言われてしまうと、親御さんも不安になって支払ってしまうのです。

 

従って、少々無機質に感じられるかもしれませんが、あらかじめしっかりと価格が決まっている寺院にお願いするのがよいかと思います。

 

そういう点においては、札幌市南区にある禅光寺は適切なのではないでしょうか。

 

禅光寺

 
ハピネスリンク ページランクチェック カウンセラー seo リンク 無料